ピルについて学ぼう | 低用量ピルとアフターピルの使い分け/状況に合ったピルを選択しよう

ピルについて学ぼう

読書の合間にピルを飲む女性

体内から有効成分を吸収し、ほぼ確実に避妊してくれるとして女性たちから厚い信頼を集めているピル。
世界的に見れば、約1億人の女性がピルを服用しながら性行為を楽しんでいると言われています。
実際、日本でもピルを飲む女性が増えているのですが、本当にピルへの理解はできているでしょうか。
いくら優秀な避妊薬とはいえ、使い方を間違ってしまったり、作用を勘違いしていると、正しくその効果を発揮できない可能性もあります。
まずはピルに関する基本的な知識を身につけておきましょう。

ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含まれています。
卵胞ホルモンは排卵促進の効果があり、黄体ホルモンは受精しやすいカラダを作る効果があります。
また、それと同時に、2種類の女性ホルモンを摂取することでホルモンバランスを変化させることになるため、生理不順などの治療に用いられることも多いのです。
肌荒れや便秘の改善にも効果があると言われているため、避妊以外の面に関しても、女性にとってはかなりありがたい医薬品となっています。

いろいろな分野で女性を助けてくれるピルですが、冒頭でも紹介したように、低用量ピルとアフターピルの2種類に分類されています。
どちらもピルだから同じ、というわけではなく、状況に応じた使い分けが必要になってきます。
そこで、低用量ピルとアフターピルがそれぞれどのような効果を持ち、どんな場合に用いるのかを確認していきましょう。