緊急時に女性を救うピル | 低用量ピルとアフターピルの使い分け/状況に合ったピルを選択しよう

緊急時に女性を救うピル

水をくむ女性

次に紹介するのがアフターピルです。
低用量ピルと同じく、女性を望まない妊娠から防いでくれる点は同じですが、その目的や服用方法はまったくと言っていいほど違うので注意しましょう。

アフターピルは別名を緊急避妊薬と言い、その名のとおり、妊娠してしまいそうな緊急事態に限り服用するピルになります。
例えば、コンドームが使用途中で破れた(もしくは外れた)ことで中に出してしまった場合。
もしくは、あってはいけないことですが、もしも性的暴行に遭ってしまった場合など、望んでもいない妊娠をしてしまう可能性があるときに女性を守ってくれるのです。

アフターピルは低用量ピルと違い、性行為後に1度服用するだけで高い避妊効果を発揮してくれます。
性行為をしてから72時間以内であれば避妊効果を発揮してくれるのですが、なるべく早い段階で服用した方が避妊効果はさらに高まりますので覚えておきましょう。
子宮内膜を強制的に剥がすことで、事後であっても受精卵の着床を防いでくれるのです。

アフターピルの服用で避妊できたかどうかを確認する方法ですが、服用してから3週間以内に消退出血が起きるかどうかである程度判断することができます。
起これば避妊に成功していると考えて大丈夫ですが、もし3週間以上消退出血が起きない場合、避妊に失敗している可能性があるのですぐ医師に相談するようにしましょう。

また、アフターピルは1回の服用で妊娠を防いでくれる反面、その分、強力な効果を発揮することになります。
そのため、副作用が起こる可能性もあるため、あくまでも服用するのは緊急時のみとし、毎回アフターピルを頼っての性行為は絶対しないようにしてください。